痛かったけれどやって良かったシミ取り

今から10年前の38歳の時に、美容クリニックで顔のシミ取りをしてもらいました。20代の時にほとんど日焼け対策やケアをしていなかったので、そのせいで顔中が小さいドット柄になってしまい、自身によるスキンケアやシミ用の飲み薬なども試してみましたが効果が見られませんでした。そこでフォトフェイシャルという特殊な光を照射することで、シミを皮膚から取り除く施術を受けたのですが、それが強烈に痛くて施術台から何度も獲れたての魚のように飛び跳ねる程でした。例えて言うと、輪ゴム鉄砲を至近距離から顔に受けているという感じです。頬などの比較的脂肪や肉がある部分はまだ痛さも我慢できる程度ですが、おでこや鼻筋や鼻の下のように骨に近い部分などは痛みを和らげるクッションがないのでダイレクトに光が当たり、自然と涙が出るほど痛かったです。施術してくれている看護師さんが、ゆっくり休み休み照射するか一気に手早く照射して痛みを感じる時間をなるべく縮めるかどっちにしますか?と毎回訊いてくれましたが、どっちにしても痛みは変わらなかったです。でも、1.5ヶ月に一回、全部で5回の照射コースで殆どのシミが顔から消えました。キレイになるためには多少の痛みは我慢も必要なんだと実感しました。脱毛ラボは全身脱毛月額1990円でどうして安いのかと思ってないでhそうか?なかなか予約取れないなど雑な理由でほかのサロンに行きたいなど思っていろいろしらべました。いままでにもスマホさわってると脱毛ラボの広告よく手で存在は知っていました。そして、どうしてこれほど安いのか?イメージとして安っぽい感じして、脱毛コストは抑えたいと思いながら気になるのだったら無料カウンセリングへと思ってネット予約したのです。そして、すぐ脱毛ラボのカスタマーサポートから予約チェックの電話が来ました。予約間違いないか、今までの脱毛経験の有無、身分証持参など一般的なことをいかれました。とりあえずはいと連呼。そして電話すぐ終わりです。電話きる間際施術前日もう一回チェックの電話はいるといわれて終了しました。その通りに前日も連絡が入って、明日の予約で間違いないといえば前回よりすぐ終わります。あいにくの天気で朝市の予約で、場所は御堂筋沿いでアリ迷うことなかったです。

クリニック集客ノウハウ住宅リフォーム総合情報お家の見直ししま専科英語上達の秘訣ダイエットチャレンジ100日“エステサロンを上手に利用する情報サイト”AGAでお悩み解決